株式会社アクアテック

HOME廃水処理技術排ガス洗浄塔

排ガス洗浄塔(スクラバー)

アクアテックが開発したNSプロセスは液中反応をガスセンサーを用いて制御するものです。 ガスセンサーは数ppm のガスを0.5 ml/min. 程度吸入してガス濃度を検出するため、余剰のガスを除去する洗浄塔(スクラバー)を併用します。

NSプロセスの機器構成ではガス排気系が重要で以下のように設置します。

  • 反応槽、凝集槽、沈降槽上部に蓋をし、排気ダクトがこれらを連結するように設置します。
  • 排気系に小型スクラバーを設置し、スクラバーの排気口が外気になります。
  • 前述した排気ダクトから分岐したガス配管を硫化水素モニターに接続します。。

NSプロセスは微量のガスを検知してガス発生を抑える方向に制御します。したがって反応槽に比べてスクラバーは非常に小型になります。


PAGE TOP