株式会社アクアテック

HOME廃水処理技術廃液中の金属回収技術

ガスセンサーで微生物脱窒反応制御(メタノールモニター素廃液・廃棄物中の金属回収技術

近年、著しく発展を遂げたガスセンサー技術を用いて液中
反応で発生するガスを検知し、反応を制御する技術を当社は
開発しました
すでに工業化が進んでいる新硫化物法(NSプロセス)とここ
で紹介するメタノールモニターによる微生物脱窒素反応の
制御です。
メタノールモニターは製品化を完了し販売を始めました。

メタノールモニター導入のメリット

◇廃水窒素除去システムの省スペース化…⇒ :再曝気槽容量を従来比約1/3に削減
◇省エネルギー・省資源に貢献……………⇒ :再メタノール使用量を従来比約2/3に低減
:再曝気ブロワーの消費電力を従来比約1/2に削減
◇余剰汚泥の発生量を低減…………………⇒ :再曝気槽での余剰汚泥発生量を来比約1/3に削減
◇脱窒素処理が安定化………………………⇒ :常に最適量のメタノールを自動添加

メタノールモニターを用いた脱窒素反応制御フロー図

メタノールモニターを用いた脱窒素反応制御システム


  制御技術の概要

脱窒素槽の少量の液を定量的に気化器(右下写真)に導入し、そこに0.5 L/min の
エアーを送り曝気します。
脱窒素槽がメタノール過剰の状態にあると左下図のように残留メタノール濃度に比例し
てメタノールガスが検知されます(気化器内温度は40℃に正確に制御)。
ガスモニターの指示により、脱窒素処理設備のメタノールポンプがコントロールされ
適切なメタノール添加が行われます。

メタノールモニター気化器特性 メタノールモニター製品仕様

PAGE TOP