株式会社アクアテック

廃液・廃棄物中の金属回収技術

金属資源は永久にリサイクル可能であるにも関わらず、廃水中の重金属はスラッジとして固定化され、その多くが再利用されず、埋立地などに投棄されています。重金属廃水の優れた処理技術として、「硫化物法」があるのですが、2〜3の欠点のため、事実上活用されることは少なく、ほぼ100%「水酸化物法」が行われています。
そこで、アクアテックは、硫化物法の欠点をガスセンサー制御技術により解決。従来の重金属廃水処理法(水酸化物法)に替わる悪臭の発生しない硫化物法、「NSプロセス」を開発し、廃水の高度処理と金属回収を実現しました。また、固形廃棄物中の金属も、酸などで溶解することによりこの方式が採用できます。

新硫化物法(NSプロセス)について

悪臭のしない、全く新しい硫化物法「NSプロセス」の特長についてご紹介いたします。

新硫化物法(NSプロセス)について

処理フロー

新硫化物法がどのように廃水を処理し、金属回収をするのか、そのフローについてまとめました。

処理フロー

新硫化物法と従来法の違い

新硫化物法と、従来使用されていた水酸化物法の違いについて掲載しています。

新硫化物法と従来法の違い

システムの安全性について

NSプロセスは、ガスセンサーで硫化物の添加を制御することで悪臭(硫化水素)の対策も万全です。

システムの安全性について

 

製品案内(1)(NSプロセス主仕様-外形図)

NSプロセスを実現するシステム構成を処理量別に示します。

 

製品案内(2)(硫化ガスモニター)

NSプロセスのキーデバイスである硫化ガス検知機、硫化剤添加装置を示します。

廃水処理技術


PAGE TOP