株式会社アクアテック

HOME廃水処理技術シアン無害化技術

シアン無害化技術

シアンは猛毒ですが、優れた化学的性質があるため広く使われています。その化学式は炭素と窒素の簡単な化合物であるため、たとえシアンを使わなくても製品の製造過程で生成される場合があります。
アクアテック創始者の大西はライフワークとしてシアンの無害化の研究とその処理を行ってきました。
シアンはその存在形態、廃水量、濃度、共存物質などによって対応の仕方は様々です。
豊かな知識・経験・技術力・ノウハウによって、状況に応じた適切な処理法をご提案いたします。

廃水中のシアン対策ソリューション

廃水中のシアン処理方法には以下のようなものがあります。

  1. 酸化分解法(アルカリ塩素法・オゾン・電解法)
    シアン廃水処理の殆どがアルカリ塩素法で行われております。pH10以上でORP計
    の指示で次亜塩素酸ソーダを添加しシアンをシアン酸にし(1段目)次にpHを中性
    付近でORP計の指示でシアン酸を窒素と炭酸ガスにまで分解し無害化します。原水
    シアン濃度は数百mg/Lの廃水に向いています。金属と配位結合したシアノ錯体も
    鉄、ニッケル以外のものはこの方法で分解します。
     鉄シアノ錯体([Fe(CN)64-,[Fe(CN)63-)の分解は困難です。
  2. アルカリ塩素法によるシアン処理設備一覧

    方 式型 式 反応槽容積(L)処理能力(m3/回)
    回分式AQB-CN-CL-100010000.8
    連続式AQC-CN-CL-1000
    回分式AQB-CN-CL-200020001.6
    連続式AQC-CN-CL-2000
    回分式AQB-CN-CL-500050004.0
    連続式AQC-CN-CL-5000
    回分式AQB-CN-CL-10000100008.0
    連続式AQC-CN-CL-10000
    回分式 AQB-CN-カスタム仕様カスタム仕様
    連続式AQC-CN-カスタム仕様カスタム仕様
  3. 不溶錯体法(紺青法・亜鉛白法・還元銅塩法)
    鉄シアノ錯体([Fe(CN)6]4-)を含んだシアン廃水は1の方法では分解困難です。
    そこで、Fe2[Fe(CN)6]が難溶性化合物を作ることを利用し、鉄イオンを添加
    して難溶性化合物で沈殿させ、廃水中からシアンを取り除きます。
    紺青法はシアン含有汚泥が生成されるなどの欠点はあるものの硫酸第一鉄が安価
    なことや鉄シアノ錯体を除去できることなどの利点もあります。
    最近、紺青(プルシアンブルーなど)は放射性セシウム(Cs)の固定化ができる
    物質として注目されています。
    シアンは容易に加水分解反応を起こし、一部アンモニアに変化するのでシアン
    廃水はアンモニアを含みます。
    亜鉛白法は添加する塩化亜鉛の価格が高いうえ、余剰の亜鉛がアンモニアと錯体
    を作り従来法の水酸化物法では亜鉛を規制値の2mg/L以下にするのは困難です。
    低濃度シアン廃水処理に適しています

    製品:不溶錯体の実績は沢山ありますが製品としてはカスタム対応品といたします。
  4. 熱水反応(熱加水分解法・湿式酸化法)
    高濃度のシアン廃水(5000mg/L〜2000mg/L)に向いています。シアン廃水をオートクレーブ内で高温(170〜260℃)で保持すると、例えば(1),(2)式のように加水分解反応 が起りアンモニアと蟻酸に分解します。
    共存する重金属類は主に単体(金、白金など)または酸化物(Fe3O4などになって析出します。
    一部の金属はアンモニア錯体として溶解します。
    NaCN + 2H2O = HCOONa + NH3 (1)
    Na4Fe(CN)6 + 2NaOH + 11・H2O + 1/6・O2 = 6NH3 + 6HCOONa +1/3・Fe3O4 (2)
    この方式の利点
    @この方式は水との反応のためシアン分解のための薬剤が要らない。
    A沈殿生成物が少なく貴金属などがシアンと共存する場合、貴金属が単体で回収できる。
    B圧力容器内で反応を起こさせるため蒸発潜熱が少なく熱回収もできることなどから以外
     に省エネルギーでランニングコストが安い。
    Cアルカリ塩素法で分解できない鉄シアノ錯体が容易に分解できる。
    D高濃度シアン廃水を効率的に処理できる。
    欠点としては
    @副生成物のアンモニアと有機汚濁物の蟻酸塩の処理が必要になる。 A設備費が高価。
    B生成したアンモニアと銅、ニッケル、亜鉛などはアンモニア錯体を形成し従来法(水酸化物法)
    では処理しにくい。
  5. 熱加水分解法によるシア廃水処理設備一覧( 回分式)

    方 式型 式 反応槽容積(L)処理能力(m3/回)
    回分式AQB-CN-TH-100010000.7
    AQB-CN-TH-600060004.0
    AQB-CN-TH-12000120008.0
    AQB-CN-TH-240002400016.0
    AQB-CN-  カスタム仕様カスタム仕様

    熱加水分解法によるシア廃水処理設備一覧(連続式)

    方 式型 式 反応槽容積(L)処理能力(m3/Hr)
    連続式AQC-CN-TH-100010000.25
    AQC-CN-TH-200020000.5
    AQC-CN-TH-600060001.5
    AQC-CN-TH-12000120003.0
    AQC-CN-  カスタム仕様カスタム仕様

  6. 微生物処理
    低濃度シアンの廃水に適応します。
  7. その他
    シアンガス、シアン含有汚泥の対策、分析技術についてもご相談ください。

       シアン無害化実施工場               シアン無害化装置

シアン処理方法の詳細につきましては、こちらの論文
メッキ廃液からの金属回収(1,025KB)
産業廃水の新しい処理技術(926KB)」をご覧ください。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらから無料でダウンロードできます。

PAGE TOP

シアン処理周辺技術

シアンを熱水反応で分解するとアンモニアと蟻酸が生成されます。当社は、それらシアン処理周辺技術においても、高度なノウハウと経験を有し、適切かつ安全な方法を施します。

  1. シアンと共存する金属イオンの除去技術
  2. シアンより生成するアンモニア対策
    • アンモニアストリッピングおよび触媒分解
      (「直接燃焼+触媒分解」組み合わせ技術を含む)
    • 微生物による硝化・脱窒
  3. シアンガス対策
    • スクラバーによるガス吸収
    • 触媒分解技術

シアン処理技術による貴金属回収

シアン無害化の際、反応器内に残留するスラッジを回収する必要があります。
当社は、パイプ式熱水反応法によって高濃度なシアンを分解し、高効率な貴金属の回収方法を採用しています。

シアンの実験・研究、処理設備の設計・製作

アクアテックでは、小型オートクレーブ(湿式酸化実験可能)や、その他の酸化分解・不溶錯体法実験など、シアンの処理実験・受託研究も行っています。
また、処理設備の設計・製作も併せて行いますので、ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

廃水処理技術


PAGE TOP